×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

THE『マスコミ就職』。業界内部への潜り込み方と年収を明かす・・。マスコミ志願者は求人募集情報を見る前に必読!

マスコミ就職・業界への潜り込み方! マスコミ就職希望者・業界内部に潜り込みたい人必見!求人募集を見る前に!
   リクナビNEXT
   マスコミ就職目指すなら
    まずはエントリー
テレビ業界 マスコミ就職・年収大公開

  『AP』とは?AP求人募集を見る前に必読

 APとは規模の大きな番組にサブのプロデューサーとして置かれることが多い職種で、アシスタントプロデューサーの意味です。

 AP(アシスタントプロデューサー)の仕事は各番組やケースにより若干異なっていることが多いが、よく聞くのは予算の管理を担当すること。

 番組統括の任を負うと同時に予算管理や各部署との調整役として大きな責務を果たさなければならない。

 調整役としてタレントさんや人員のスケジュール管理、それから現場サイドの状況を把握して上に報告するなどたくさんある。

 また各ロケの現場に付き添い・・・腕を組みクスクス笑う。

  『AP』になるためには?

 AP(アシスタントプロデューサー)はプロデューサー同様にトップになれるだけの経験と器が必要。

 そして、切れ者でありつつ人当たりがよい人でなければ勤まらないだろう。

 APになるためには制作サイドと現場の経験など幅広く必要で、AD,ディレクターなどを歴任して経験を積んだ後なれる可能性がある。

 番組の立ち上げ当時にADとして現場に出ていて、番組が当たり、その後番組の継続と共にいつの間にやらDになりそしてAPへと出世と言ったこともある。

 自分の実力だけでなく、良いスタッフや企画・番組に恵まれるという運もかなり重要と言えるかもしれません。

 もし見事運良く番組が当たり、AD→D→APへと出世したとしたら、馴染みのタレントさんにはこき使われていたAD時代を知られていると言うちょっと歯がゆい思いをすることにもなるかもしれない。

  『AP』の年収

  年収
  『1000万円程度』 (出生した場合)



 --どうすればマスコミに就職できるか?編集人が選ぶマスコミ系求人充実サイト--

  ■マスコミ就職・転職を目指すなら、エントリーしておけば断然有利な「リクナビNEXT」を利用するといいです。求人案件の数が断然多いから一番オススメです!

  □自分で求人に応募するより確実なのは、転職コンサルタントサービスを利用すること。今CMで話題のリクルートエージェントなら無料でプロのコンサルタントが日程調整や条件交渉、就職までをサポートしてくれるので一番良いところへ転職し易いです。

  また、マスコミ・クリエイティブ系の求人が豊富なのが、非公開求人が魅力の転職の新サービス【DODA】です。多くのサイトを利用し、エントリーしておくだけでも、スカウトされる可能性が高くなるほか、いい条件の情報を見つけることができるはずです。

  派遣、とりわけマスコミ派遣で探す場合は、リクナビ派遣マスコミが業界トップの情報量!

  マスコミアルバイトなら、有名サイトのWeb anたちよみフロム・エーが充実しています。他には就職関連の求人もあります。


  『私のおすすめ』
 自分で探すなら⇒ リクナビNEXT サポート・好条件なら⇒ リクルートエージェント

 
マスコミ就職・フリーランス年収公開
プロデューサー
AP
ディレクター
AD
カメラマン
放送作家
リサーチャー
編成
広報
タイムキーパー
技術
音声
デスク
美術
大道具・小道具
衣装・メイク
車両
マスコミ就職リンク

リクナビNEXT
リクルートエージェント
リクナビ派遣マスコミ
転職のDODA
Web an
フロム・エー



ラジオ業界
プロデューサー
ディレクター
AD
構成作家
DJ
ミキサー
編成
選曲
広報
マスコミ就職
PR


マスコミ就職ページの上へ
copyright2006  『マスコミ就職』 All right reserved.